タマホーム 欠陥住宅

タマホームが安い理由と欠陥住宅

タマホームは坪単価が安いことでローコストメーカーとして一躍人気になっているホームメーカーです、タマホームは最近ではテレビCMでも露出が多いため、家を建てようと思っている人の間では気になる人がたくさんいるようです。

 

 

安いというとやはり嬉しいものですが、住宅となると安いだけでは心配になります、いくら安くても欠陥住宅などでは一生物の買い物である住宅の場合は後悔しても悔やみきれません。

 

 

そんなタマホームは欠陥住宅などの記事が出たりすることもありましたが、必ずそうなのかというとそうではありません。

 

 

タマホームが安いことにはきちんとした理由があります、まずは材料です、タマホームで使用している木材は一括で大量に同じ材木店から仕入れているということですから、汎用品をたくさん使っているというわけです、そのために仕入れ単価が安く抑えられて結果的に材料費が安く済むというわけです。

 

 

他の大手メーカーなどの場合は柱はもちろんフローリングやサッシに至るまでありとあらゆるところがオリジナルの材料を使っているため結局高くせざるを得ないというわけです。

 

 

汎用品で大量に売れている材料だからといって品質が悪いということは決してありませんので安心できます、多く売れているということはそのまま評判は上々で故障も少ないと言えます。

 

 

さらにタマホームの場合は人件費の削減にも注力しています、例えば事務所にいる女性社員なども居なかったり、営業マンが自分でお茶くみからコピーまでやるといったように無駄な人件費を極力避けることで人件費を下げることで料金に直結しているのです。

 

 

家の設計にしても今ではCADに頼って外部に委託する費用も削減することで建築士に支払うお金も浮かせることができているのもタマホームが安い理由の1つです。

 

 

現代の建築基準で家を立てれば間違いなく耐震性や断熱性は間違いない家が建つはずです、タマホームももちろんそうなんです、欠陥住宅などとクレームが出る家はそもそも設計図通りに建てられていないのが原因と言えます、

 

 

基本的にタマホームに限らずいい家を建てるなら確実に信頼できる営業担当者とその工事業者に出会えるかどうかにかかっているといっていいでしょう。

 

 

タマホームはクレームが多い!?のTOPへ戻る